会社紹介

あいさつ

お陰さまでアルスは設立34年目。
約200社の企業にアルスのパッケージが採用され、
高い評価と信頼をいただいております。

アルスは日本IBMのビジネス・パートナーとして、着実に業績を積み上げてきました。
特にこの10年間はパッケージの開発/改善に力を注ぎ、結果として、大企業~中堅企業約200社にアルスのパッケージが採用され、高い評価を得ています。

アルスは今年で設立34年目を迎えますが、この間一度の赤字決算もなく着実な利益の留保により、小粒ながらピリリとからい「強い会社」になりました。

そこで、次の5年を飛躍の時代とし、更に「強靭な会社」となるべく創意工夫をしてまいります。

代表取締役社長

深井 淳

フィロソフィー

人の持つ自由な意欲
生かすことができる会社

アルスは、システム開発を行う、いわゆるソフトウエアハウスとよばれる企業の一つです。
しかし、星の数ほどあるといわれる世のソフトウエアハウスとは多少違います。いや、日本の会社の中でも断然違っているユニークな会社。
アルスが目指すのは利益優先主義の会社や24時間戦うサラリーマンという存在からの脱却です。

日本の感覚で、純然たる会社員が1ヶ月も休むというのはあり得ないこと。
そのあり得ないことを目標に掲げ
社員一人ひとりのスタイルを尊重し、
自分のために自分を高め、
そして、しっかり仕事し、しっかり休む。
人の持つ自由な意欲を生かすことができる会社を目指しています。

会社概要と歩み

会社概要
  • 社名
    アルス株式会社
    帝国データバンク企業コード : 983634921
  • 住所
    〒141-0031 東京都品川区西五反田8ー1ー3 PMO五反田8-9階(受付9階)
    電話 03-6417-9995|FAX 03-6417-9989
  • 設立
    1988年3月8日
  • 資本金
    4,000万円
  • 代表取締役社長
    深井 淳(中央大学卒)
  • 社員数
    全社員 51名(正社員 50名・実働契約社員 1名(2020年4月1日現在))
  • 株主
    株式会社クレスコ 東証一部上場(証券コード 4674)
事業内容
  1. コンピュータ・ソフトウェアの設計/開発
  2. パッケージの開発/カスタマイズ/導入(人事/給与/ワークフロー...他)
  3. 業務コンサルティング
主な業績の推移

おかげさまで、会社設立以来32年間、連続黒字経営を続けております。
ここ数年、かなり厳しい経済環境でしたが、身の丈にあった着実な経営を目指しております。

決算 売上高 営業利益 経常利益 総資本経常利益率 自己資本比率
17年2月 6.1億円 8,700万円 7,200万円 18% 88%
18年2月 6.1億円 5,000万円 10,200万円 24% 82%
19年2月 6.8億円 8,000万円 8,700万円 17% 75%
19年3月
(1か月決算)
0.6億円 460万円 540万円 1% 72%
20年3月 5.9億円 7,400万円 7,600万円 14% 81%
財務諸表より
アルスの歩み

日本IBM株式会社のビジネス・パートナーとして

  • 88年3月8日
    アルス株式会社設立 代表取締役 児玉 民行
  • 90年春
    「戦略的人事情報システム:ADIS/P」パッケージの設計・開発を担当(IBM著作権)
  • 93年10月
    日本IBM情報ソリューション株式会社の設立に参加(共同出資)
  • 94年秋
    日本IBM株式会社と協同でPC用パッケージ・ソフト
    「人事情報システム for OS/2」を発表(IBM/ARS共有著作権)
  • 96年春
    「給与情報システム for OS/2」を発表(IBM/ARS共有著作権)
  • 98年夏
    「Open人事 for Windows」を発表(ARS著作権)
  • 99年秋
    「申請・承認ワークフロー」を発表(ARS著作権)
  • 00年秋
    「Open給与 for Windows」を発表(ARS著作権)
  • 03年春
    「社員照会 for Web」を発表(ARS著作権)
  • 04年冬
    IBM「iSeries Site人事C/S版」を設計・開発(IBMコアサービス製品)
  • 05年春
    IBM「iSeries Site給与C/S版」を設計・開発(IBMコアサービス製品)
  • 06年春
    IBM「iSeries Siteワークフロー」の改善・保守、販売を開始(IBMコアサービス製品)
  • 08年秋
    IBM「Maximo」保全管理の導入・カストマイズを始める(IBM製品)
  • 10年春
    IBM「Blue iSite」ERP Hats版を発表(iBIコンソーシアム製品)
  • 11年春
    IBM連携:スマートフォン汎用入力Toolの開発(ARSテンプレート)
  • 12年春
    ”営業推進本部”を新設,直顧客との定例会議をスタートさせる
  • 13年春
    パスモ・スイカ 交通費精算システムの開発(ARSテンプレート)
  • 13年2月
    東京都WLB優良企業として表彰される
  • 14年2月
    東京都のBCP策定コンサルテーションを受ける
  • 17年2月
    東京都LWB優良企業として表彰される(2回目)
  • 17年12月
    創立30周年記念謝恩会開催(八芳園)
  • 18年3月
    代表取締役社長 深井 淳 就任
  • 18年10月
    アルス株式会社の株式譲渡(児玉、深井、他4名の株式→株式会社クレスコ社へ)
  • 20年春
    日本IBM株式会社の認定コアパートナーとして活躍中(約20年連続)

CSRの取組み

社会、環境のためにアルスができること


アルスのCSRの取組み

アルスのCSR活動に対する基本的な考え方をご紹介します。

環境関連法令並びに自治体、関係団体、その他の諸要求事項を遵守します。

また、お客様の情報システムに関するコンサルティングから、構築、運用・保守までのサービスを提供する会社として、
社会的責任と、地球環境の保全と改善、および汚染の予防に向けた取組みを継続的に推進します。

具体的な取組みのご紹介
  1. 社会貢献への取組み

    雇用拡大(高齢者、女性) ・・・・ アルスの社員の約半数が女性です

  2. 環境への取組み

    廃棄物処理とリサイクル
    使用済みトナーカートリッジ回収
    リサイクルOA用紙の利用
    ゴミの分別
    エネルギーの節約
    節電推進(エアコン適正温度、クールビズおよびウォームビズ)
    ノー残業デー(毎週水曜日)の実施
    温室効果ガスの放出対策
    業務効率向上を図る活動の推進
    事務用品等、グリーン購入
    カジュアルデーの期間拡大(通期)
    通勤時、外出時の公共交通機関の利用推進

  3. 社員とともに

    ワークライフ・バランス推進
    子育て応援への取り組み(次世代育成支援)
    労働安全衛生委員会による定期的な改善活動

  4. 経営の基盤

    お客様満足度向上活動
    最新IT技術習得

交通ご案内

東急池上線「大崎広小路」駅 徒歩2分
JR「五反田」駅 徒歩5分