トップ > 会社概要 > アルスドリーム

アルスドリーム

1ヶ月の夏休みと2週間の冬休みが取れる会社になろう!

大手企業も休日の増加や福利厚生施設の充実に力を入れていますが、そうした動きは、あくまでもこれまでの企業活動の延長線上にあります。
しかし、アルスが目指すのは日本の会社やサラリーマンという存在からの脱却。
自分の生活設計に基づいて働き、休暇を有効に使いこなすのが自立したビジネスマンだという考えのもと、1人1人が日々努力を重ねています。
会社のためではなて、自分自身のためのスキルアップ!
アルスドリームを実現するためには、ある程度まとまったマンパワーと個人のスキルが必要。
だからといって会社のために仕事をする、会社のためにスキルを高める・・・のではなく、自分のために自身のスキルを高める努力が必要です。一人一人が自分自身を高めていけば結果として会社は志の高い強い集団となります。
個人のスタイルを尊重する!
世の中十人十色・・・これを無理矢理一つの型にはめ込んできたのが、これまでの日本の会社。
しかし、アルスでは各人の働きやすい形で働くことが可能です。
例えば、用事があるときは、朝早く出社して早めに帰宅する。逆に、仕事で興味深い事にめぐり合ったときは、 自分の仕事が終わったあとに勉強する、などなど。
仕事の期限を守ることは大前提ですが、社員1人1人が自分のスケジュールは自分で管理し、仕事もプライベートも充実させています。
ページトップへ